どうして WordPress なの? 

このサイトを構築しているWordPress/ワードプレス をご紹介させていただきます。

『ワードプレス』 を ご存知ですか? と聞いてみると
『ワード』の新製品ですか?
と返事が返ってくるなど、まだ一般には浸透していないようです。

『Wordpress/ワードプレス』 とは?  一口で言えば、
【世界最先端の機能を備え、世界中で愛用されている ブログ】
ってとこでしょうか

初心者にとって、取っ付きにくそうですが、ベースのままで使用している限りでは 無料ブログと同じようなものです。 
(食わず嫌いなんですよ きっと)

ブログ 、ホームページ・ビルダー、又は タグ打ちで HTMLサイトを 作ってきましたが、
両者ともに欠点があってすっきりしないままでした。
そんなときに、WordPress を知り、その魅力に負けて WordPress の世界に飛び込んでしまいました。
そして、使い込んでいくうちに、『ワードプレス、これしか無い!』 と結論を出すにいたりました。

では、 ブログ と HTMLサイト の欠点を挙げてみましょう
◇ ブログ の 欠点 

  • 品格のある テンプレート の数が 少なく、商用には使い辛い
  • 記事の内容毎に、スタイルの 自由が利かない(構造、画像等)
  • ブログのロジックがプロバイダー毎に違っており、使用方法も違う
  • 広告が貼ってあるブログが多い

◇ HTMLサイト の 欠点 

  • 記事毎に、テンプレートが 自由に選択できるが、作成に手間がかかる
  • 記事の追加には、手間がかかる
  • sitemapや、サイト内のリンクの設定には手間がかかる
  • RSS、sitemap.xml は自動作成しないし、ping も送らない
  • トラックバック、コメントの機能が無い
  • SEO 作業に手間がかかる

では、「WordPress」 は、

  • ブログの部分と、HTMLサイトの部分を併せ持っている
  • スタイルは、ブログの部分はカテゴリー毎、HTMLサイト部分はページ毎に可能
    (上級になると、page,post毎にカスタマイズできる)
  • 記事の追加は、ブログ同様に手軽に行える
  • MT と違い、商用使用も無料で出来る
  • 「WordPress」内のリンクは自動的に張られる
  • RSS、sitemap.html、sitemap.xml、ping の機能がある
  • トラックバック、コメントの機能がある
  • 共同で運営する事が出来る
  • 読者を階層化でき、各々に閲覧できる記事を振り分けられる
  • グーグルが推奨するブログである
  • 世界中の、トップ・ウエブデザイナーが開発に参画し最新技術が使用されている

いかがでしょう? 「WordPress」 は見事にブログとHTMLサイトの欠点を解決していますね。
ネットで起業を目指す方々は、無料ブログとか、HTMLサイト等考えないで、
直接 WordPress へ直行することをお薦めいたします。
このサイトでは、そんな方々に役立つ情報を 惜しみなく提供しています。

注; 【HTMLサイト】との表現をしていますが、所謂 ホームページの事です。
   ホームページ とは、 サイトの TOPページを示す言葉です。
   混乱を避けるために使い分けをしています。

さあ! ワードプレス を始めるぞ!

定年で宮仕えを終えた後は、しばらくのの間は 何やこれやで 意外にもやる事があって 忙しいさが続きます。
でも、 時間が経過するにしたがって段々と暇になってきます。
やがて、全く何もすることが無い日が訪れて来るのです。

定年前は、あれをして、これをしてと、ばら色の第二の人生を楽しみたいと思っていたんですが・・・・

半年も経てば 大体やり尽くしてしまうんですね。
毎日毎日海外旅行に行くわけにもいかず、
唯 暇な時間を鼻毛を抜きながら過ごすことになってしまいました。

私は そうだったです。
そこで、 なんとか余りの人生を快適に過ごす方法は無いのか、
私がここにいたとの証拠を残したいと考えました。

そして 思いついたのが ブログでした。 

パソコンの中には、十すう年分の写真がしまいこまれています。
これを 何とかしたいなと考えていて思いつたのです。
* 昔の写真は、スキャナーでデジタル化してありました。

最初は FC2ブログを使っていました。
ホームページも、最初はビルダーを使って、その後はタグ打ちでチャレンジしました。

 

やがて、無料のサイトを使っていくことに 疑問が出てきて ワードプレス にのめりこんで行くことになりました。

WordPress 設置可能な レンタルサーバー

WordPress(ブログ)を設置するには 有料/無料のサーバーを借りなければいけません。

無料サーバーでも、wordpress を設置できるところはありますが、
テンプレートの入れ替えができないとか、
カスタマイズが出来ないとかと、いろいろな制限がかかっていますので、
制限が無い有料レンタルサーバーのご利用をお勧めしています。

無料サーバーを使用する時は、多少の広告の表示は我慢すればいいのですが
独自ドメインの設定ができることは 絶対条件として検討しなければなりません。

なぜなら、独自ドメインさえ設定してあれば、
たとえ無料サーバーが営業を停止になっても、別のサーバーに引越しすることが出来るからです。

独自ドメインが設定出来ない場合は、
せっかく勝ち取っていた ページランクも、外部リンクも すべてなくなってしまいます。
一から再出発となってしまうので 注意が必要です。

では、私が使っている安価で、ポピュラーな有料サーバーを比較してみました。

サーバー会社 さくらのレンタルサーバ ロリポップ! チカッパ!
推奨サービス スタンダート ロリポプラン チカッパプラン
初期費用 1,000円 1,575円 1,575円
費用(月額) 500円 315円(263円-年払) 525円
無料お試し期間 2週間 10日間 10日間
容量 10GB 30GB 60GB
ワードプレス簡単インストール
メールアカウント 制限なし 10個
無制限-独自ドメイン
10個
無制限-独自ドメイン
詳細 10Gの容量は通常の使用では使い切れない大容量です。 安定した稼動状況でありお薦め。 写真サイトの構築にはワードプレスでの最大転送量が5MBでありお薦めです。 30GBの容量を月額263円(年間前払)で使えるWORDPRESS対応で最も安値のサーバーです。安定稼動していますので大丈夫です。 安かろう、悪かろうでの判断は避けてください。 容量が60GBが月額525円で使える業務用に近いスペックのサーバーです。最大転送量が20MBあり、最もお薦めしたいサーバーです。


Googleとスマホと検索順位

あなたもご存じのように4月21日から「モバイル フレンドリーに検索結果で優遇する」
とのアナウンスしたんだけど

それから忙しくて大変な日々が続いている。

最近作ったサイトはスマホ対応済なのだが
それ以前に作成したサイトはPC用なので改造しなければならない。

やっとお客様のサイトの半分が終わったので
放置していたこのサイトの順番が来た。

現在のサイトを工事中にしないでモバイル対応サイトを作り上げていきますが、
多少のご迷惑をおかけするかもしれません。

その節はお許しのほどを・・・・・・

マテ茶通販の店が誕生

町田に、「ひじかた園」と言ふ老舗のお茶屋がある。

この地区で最も古いお茶屋さんだから
抹茶、煎茶、お道具の販売が主力であった。

が・・・
ここの若旦那 あの南米でポピュラーなマテ茶に惚れ込んでしまった。

マテ茶のために、世界中を駆け巡り、
日本マテ茶協会の役員を務めたりして知識を深めるとともに
マテ茶販売に力を注いでいる。

最近、若旦那
マテ茶の通販、お取り寄せに向けて ホームページのリニューアルを行った。
マテ茶 通販の ひじかた園

トップページを始め、デザインは
あのANAや資生堂の広告でも有名な 秋元茂氏による贅沢なもの。

南米の大使館から、
マテ茶販売の推薦と、リンクを貰ったことも自慢である。

独特の雰囲気をかもし出す「ひじかた園」サイト、
覗いてみるのも一興かも知れない。
マテ茶 通販の ひじかた園

ブログの引っ越しを考える!

先日、サイトの引っ越し、サイトURL変更の話があった

変更のメリットは少ないのにとは思うが、
レンタルサーバー、無料サーバーの業務停止の危険対応はこれしかない。

あとは、SEO的に有利になる事だろうか・・・・
もっとも、SEO的にURLを考えておればの話である。

では、サイトURLを変更した時はどんなを考えるべきだろうか

 1. 検索エンジンへの登録(サイトマップ)

 2. 検索エンジンの旧サイトへの評価を継続

 3. ブックマークをされてる方への通知

 4. リンクを張っている方への張り直しの依頼

 5. 訪問者への、サイト移転通知と新サイトへの移動

まだまだ在るだろうが今は思いつかない。 

対策の実施に当たっては以下を参考にしてほしい

1. gmailをお持ちの方は mailのパスワードでログインできる

  https://www.google.com/webmasters/tools/?hl=ja

  サイトの登録を行い、sitemap/xmlの登録をしよう。
  一週間もあれば、インデックスされるはずだ。

2.~5. は下の情報を参考に設定する。
  http://googlewebmastercentral-ja.blogspot.jp/2012/06/blog-post.html

少々専門的になったが、参考にして頑張ってほしい。
やらなくても、新サイトの評価が最初から始まるだけなので心配はいらない。